ハッピーの死亡届と遺品の整理

ハッピーがなくなって一週間。
先週の今頃はまだベッドに横たわっていました。

3匹いなくなってしまったのに、落ち着いた生活を送っています。

亡くなる順番も私に負担がないように3匹が相談してくれたのではないかと思うくらいです。

元気でうるさい最愛のエルが亡くなり、悲しみのどん底に突き落とされた3年4か月前、残った二匹が癒してくれました。

そして私のストーカーであり、食にどん欲な存在感ありありのラッキーが、みるに堪えないひどい症状の末亡くなったときは、ハッピーが癒してくれました。
ハッピーは猫のような一面を持っていましたので、つかず離れず、距離感がつねにあり楽な子でした。

それに加え、年齢が年齢でしたので睡眠が日に22時間くらい??
ほとんど起きているときの姿を見ることなく過ごしていたのです。


これがもし反対の順になくなっていたら・・・
私は一層エルを溺愛していたでしょうし、亡くなったときどんなになっていたかと思います。

昨日わんこの幼馴染のママと会って話をしましたが、エルやラッキーがなくなった後に話したときとは違い涙が流れなかったのです。
とはいえ、ハッピーがかわいくなかったわけでもないのですよ。

16歳11か月、ラッキーがなくなって一年、そして同じ病気を患っていましたから、亡くなることは覚悟していましたからね。
いつなくなってもおかしくないと心の準備はできていました。

亡くなって二日ぐらいしたとき、市に死亡届を出しました。
ラッキーはそのままになっていたので、一緒に届けましたよ。

そして、遺品の整理も済ませました。
ハッピーのたくさんの洋服やリード、お散歩バッグ・・・一枚と一本だけ残してすべて廃棄しました。

喰いつきが悪くなって手あたり次第フードを買い求めていたので、未開封の物たくさん残っていました。
それは近くにある保護犬の施設に持って行ってもらいました。

床に残っていたハッピーの生きた証・・くしゃみでとんだ鼻水も今日スチームモップできれいにしてもらいました。
もう、「くしゃん、くしゃん・・」と飛び散る鼻水を見て、『ハッピー汚いよぉ・・』って声をかけることもなくなりますね。
床も頻繁にモップをかける必要もなくなります。


20170326_161451.jpg


にほんブログ村


かわいい3匹 | コメント(2) | トラックバック(0)2017/03/26(日)16:49

3月23日・・・ラッキーの命日、エルの誕生日

15年前の今日エルは誕生しました。
生きていれば15歳。
11歳で亡くなってしまい、11歳のままですけどね・・
エルはラッキーとハッピーの子供。
うちで生まれた子です。

2日目から私が授乳したので、とにかくかわいくて・・・
溺愛していましたね。

亡くなってもう3年以上になりますが、携帯、スマホの待ち受けは亡くなる2日前にとったかわいい笑顔のエルのままです。

お友達には

『まだエル君なんだね~』

っていつも言われます。この先も変わることがないかもしれませんね・・


そして、一年前の今日、ラッキーは亡くなりました。
ハッピーと同じ腎不全を患っていました。
ラッキーも16歳で。
長寿ではあったけれど、腎不全末期の症状が酷くでて、本当にみていてつらかったです。

あのころの記事を読み返すと今でも涙します。

早いね・・もう一年たったんだね。

そして数日前にはハッピーも。

ブログのタイトルでもある、私の『愛しのダックス』はもういなくなってしまいました。


今日はラッキーもエルも大好きだったケーキをお供えしましたよ。

20170323_184719.jpg


IMG_1445.jpg



IMG_0904.jpg

時にはこんなに激しくお庭を走り回っていましたね。
(2009年)
こういう時はハッピーが意外に凶暴だったのが面白かったね。

IMG_0715.jpg



にほんブログ村


かわいい3匹 | コメント(2)2017/03/23(木)22:45

ハッピーを送り出しました。

昨日なくなると即斎場の予約をしました。
火曜日からはまた仕事なので仕方がありません。

ちょうど一年前ラッキーを送った同じ斎場。

あの日は平日で私一人で連れていきましたが、今日は幸い主人も一緒です。
ハッピーはパパが一番好きだったからね・・よかったね。

ハッピーはとても美人さんのダックス、ピンクがよく似合っていたので、棺に中もピンクの花でいっぱいにしてあげました。

お骨はやはりピアスの入っていた小箱に少しだけいただいてきました。
ラッキーやエルと同じようにほんの少しだけ残して、残りはいずれお庭の片隅に埋める予定。

キャビネットの上には3匹の遺影。
しばらくはハッピーを真ん中にしてあげるね。いつも控えめなハッピーは元気なエルに追いやられて陰になっていたからね~

20170320_142310.jpg




この下には亡骸の画像が貼ってあります。
気分を害する方もあると思います。
ごめんなさい。


もしご心配な方は↓にはすすまないでくださいね。


こんな風にきれいな花をたくさん入れてあげました。
あえて目を開けさせました。
笑っているようでしょう。

亡骸の写真なのにお気に入りです。



20170320_130045.jpg



にほんブログ村


ハッピーの病気 | コメント(10)2017/03/20(月)15:24

ハッピーありがとう。ハッピーが逝きました。

ハッピーはやはり手のかからない子です。

私がこのお休みが終わってあんな様子のハッピーを置いていけないことがよくわかっているのでしょう、、、

夜の7時20分ぐらいに旅立っていきました。

リビングにベッドを置いてヒーターを敷き、毛布を掛けて寝かせてありました。
時々抱っこをしたりしていたのですが、だんだん状態が悪くなっているハッピーを抱くのもためらわれしばらくベッドに入れたまま見守っていたのです。

7時15分ごろ、妙に抱っこがしたくなり抱き上げてみると、その直後から口呼吸に変わりました。
それを見て、
『あ・・・・これはもう近いな』
と思ったのですが、やはり。
しばらく小さく口呼吸をしていましたが、そのうちに唇が真っ白に変わってきました。

そして、10回ほど下顎を大きく開けると、静かに亡くなりました。
ハッピーも腕の中で送ってやれてよかった。


亡くなることはわかっていたし、『この連休中に逝ってね』なんてハッピーの耳元でささやいていたのに、いざ逝ってしまえば
ぽろぽろと涙が流れてきました。

そのあと泣きながらかぴかぴになっていた尻尾や、汚れた耳の飾り毛を洗ってふわふわにしてやりました。
ハッピーの耳毛は長くてきれいだったものね。

ハッピーは来月17歳になる予定でした。

17歳にはなれなかったけれど大きな病気もせずに元気でいてくれたこと感謝しています。

腎不全と言われたのはもう1年10カ月も前のこと。薬を飲ませてはいたものの、ほとんど世話に困ったこともありませんでした。
腎不全につきものの点滴も数回してもらったくらいで、亡くなる数日前まで悪いながらも元気(?)でいてくれましたからね。
寝込んだのは二日・・・本当に手のかからない仔でした。

ありがとうハッピー。

DSCF0021.jpg


これは2003年のハッピーです。3歳かな。
美人さんで近所では有名だったのですよ。





にほんブログ村


ハッピーの病気 | コメント(8)2017/03/19(日)22:38

生きるのも逝くのもたやすくない

昨夜は一睡もせずにハッピーを見守っていました。

くたくたになったハッピー。
私はこの様子では朝が迎えられないかも・・・と思い、わんこ達の幼馴染のママにもそんなことを話しました。

ちょっとした変化も見逃さないようにと布団の横にハッピーのベッドを置きました。
そしてハッピーの胸あたりにそっと手を置いて、呼吸を感じていました。

かわりなく静かに眠っていたので、うつらうつらしそうになった、その時
『キュンキュン、ファンファン・・・』
とハッピーは声を出し、手をカシャカシャと動かし・・・

苦しいのか、夢にうなされているのかよくわかりませんが、一時間のうち15分くらいそんなことがあり、それが繰り返されました。

早朝5時くらいだったでしょうか、抱っこしていたら、ハッピーは体に力を入れて首をそらせるようにしたのです。

体がもとよりもっとくたくたになり、呼吸が弱くなりました。

『あぁ・・これは本当に最期になるわ。』
と思い、ハッピーには何度も何度も

『ありがとうね、もう逝っていいからね。』

と一年前ラッキーを送り出すときにかけたように声をかけました。

呼吸が本当に弱くなり鼻先に私の指を持っていくと何とか感じられるほどになっていました。


しかし、しばらくしても呼吸は止まることなく、またリズムも戻ってすーすーと寝息を立てるまでに。
時々スプーンで水を口に流し込んでいるのですが、そんななのにぺちゃぺちゃと飲み込んでいるんです。

今はリビングで寝かせてあります。
鼻からは青鼻が出ているので、時々私がエルが赤ちゃんの時にやってやったように、口で鼻を吸い取ってやっています。
そうするといやいやってちょっと顔を動かすのですよ。
さすがに水はほとんど飲み込めなくなりましたが、まだ瞬きもできます。


ハッピーを逝かせるのはつらいですが、このまま回復もできる見込みもないハッピーを見守るのも本当につらいです。
まして明日までは私も主人も家にいられるけれど、明後日からはまた留守番になりますからね。

ラッキーにもエルにも『早くハッピーをお迎えに来て』と頼んでいます。

ラッキーの時もかきましたが、生きるのも逝くのもたやすくないのですね。



にほんブログ村





ハッピーの病気 | コメント(2)2017/03/19(日)12:48

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: