実家で

8月のお盆のころは休みが取れなさそうなので、急きょこの3連休に実家に帰ってきました。
梅雨明け前の方が暑さがましだし・・・笑

その間、、、、、
去年秋に亡くなった叔父の仏壇にお参り、叔母が高齢者の施設に入ったので顔を見に出かけました。

ほかにもやはり入院している叔母があったり、ディケアに通所している叔父があったり・・・

実家に帰ると日本は高齢化社会だということをまざまざと見せつけられます。
普段こちらで核家族の生活、近所も新しい家ばかり、そして仕事に出ている私はお年寄りと接する機会などありません。
ややもすると、高齢化社会という言葉さえ忘れてしまう生活を送っています。

叔母は父よりも6歳上で大正生まれ、80代も後半です。
ひどい認知症ではないのですが、姉と私の名前は出てきたのに、なぜか数年に一度しか会わない私のことが分かるようなわからないような。
名前は出てくるのですが、なぜか姉の娘と思いこんでいました。
姉に
『こんな娘がいて良いねぇ。そろそろ嫁に出さなきゃね・・・』
なんて。

叔母はとても美しい女性でした。
私が子供のころのの様子が、そして数年前にあった時の、年老いているもののこぎれいにしていた叔母の様子が思い出され、何とも複雑な思いでした。
私はお年寄りと接することがないので何を話したらよいのかわからないのです。姉に任せうんうんとうなずくばかりでした。

実家の父もまた同じ、、、、
私は世話を姉に任せています。
父は認知症はほとんどないようですが、耳が遠くなって、そしてだんだんと人の意見がきけなくなっています。
姉も毎日の生活の中でイライラがつのってしまいます。
私も手伝いができれば良いのですが、離れてすんでいるので気にはかけながらも、結局は何もできません。実家に帰っても姉の愚痴を聞いているだけ。
申し訳ないです・・・


10年程前はまだこんな時が来ることを考えもしませんでした。
あの頃は育児に一生懸命で、そして父母もまだ60代、70代で元気でしたからね。
子育てが一段落すると両親のことを気にしなければならなくなりますね。




話は変わり、二日ともモーニングに行きましたよ。
初日はこのミニどんぶり。
エビのスィートチリソースと温玉のどんぶり。


PE_20120716115822.jpg



二日目はデニッシュのトーストのデザート風
トーストの上にアイスとクリーム、そしてベリーソース。
飲み物代だけでこれらが食べられます。

PE_20120716115725.jpg



二日とも同じお店に出かけたのですが、ここは後
プレーンなトーストとスープ、卵サラダのセットもあって、上のどんぶり、デザートから選択できるのですよ。
お気に入りのお店です。




PE_20120715202635.jpg




そして昨夜は甥っ子のおごりで和食をいただきました。
私が学生の時に生まれた甥っ子も27ですって。
私よりもずっと稼ぐ社会人ですからね、、、遠慮なくごちそうしてもらいましたよ。

スポンサーサイト


暮らし | コメント(2)2012/07/16(月)21:54

コメント

みかなさん、
本当にお互いそういう時期になりましたね。
親がだんだん年をとって、以前とは明らかに違った様子。わかってはいるものの、悲しくてさびしいです。
私はすっかり姉に任せてしまっているので楽をしています。
それで余計にたまに話をすると申し訳なく感じますね。何もできなくて本当に申し訳ないです。

2012/07/28(土)20:57| URL | エルママ #- [ 編集]

10年前までは、考えた事もなかった・・・。
まさに同じです。

耳が遠くなったり、もの忘れがひどくなったり、
加齢によるものだとしても、切ないです。

お姉さまのお話も沢山聞いてあげて下さい。
日々接している方は、わかって欲しい辛い思いが
募っていますよね。

距離が遠くて、大変だと思います。

悔いのない日々を、過ごせたら良いのですが。

2012/07/22(日)15:08| URL | みかな #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: