犬も家族です。

私の生活はもう地震発生以前とほとんど変わりなくなりました。
しかし、被災地や原発のある福島ではまだまだ避難生活は長引きそうです。
家が全壊したり、危険な状況だったり、そしてライフラインが復活していなかったら、避難生活というプライバシーのない生活が嫌なんて言ってられませんよね。

もし私の住んでいるところが多大な被害を受けて、家も全壊してしまったら・・・
犬は避難所に連れて入れないそうです。そうなったらエルたち3匹はどうなるのかな。
犬と一緒に車で寝泊まりしている人もいるそうですが、犬を連れていけないのなら私もそれしかないかなと思います。
被災地ではペットたちはどうしているのでしょうか?
まだ震災間もないころ、飼い主と離れ離れなになった犬がおびえた風で破壊された街をさまよっているのを見ました。そんな動物たちがごろごろしているのでしょうか?
飼い続けたいと思っていてもそれも不可能で、泣く泣く手放す飼い主さんもいるでしょうね。


ミクシイのマイミクさんのところでポチたまの松本君が避難所にペットも同伴できるように、そして仮設住宅で一緒に生活できるように活動をしていることを知りました。
以下の内容です。


『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』


環境大臣 殿
【 趣 旨 】
私達は、災害時における愛玩動物とその飼養管理者(飼い主家族)の双方における、精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、避難所及び仮設住宅での共同生活を確保することを要望します。
1.避難所について
愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの25パーセント確保することを要望します。
もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを25パーセント確保することを要望します。

2.仮設住宅について
愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、25パーセント確保することを要望します。

3.災害時の愛玩動物への給餌・給水
災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを要望します。

4.災害時の愛玩動物の健康維持について
A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を要請することを要望します。
B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、保護施設にて一時預かり及び、必要により健康診断・治療等の措置を取り、その愛玩動物の写真を印刷物やホームページにて掲載し、預かりを公示することを要望します。


確かに・・・
この要望が叶ったら画期的ですね。

もし賛同していただけたら、ぜひ署名お願いします。
家族の一員のペットたちにかわいそうな思いをさせない為に・・・


詳しくは以下のサイトをご覧ください。

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

スポンサーサイト


かわいい3匹 | コメント(2)2011/03/29(火)21:48

コメント

大輔ママさん、情報ありがとうございます~~
私もいつもこの問題は考えていたので、こうやって運動をしてくれるのは応援しちゃいます。
それでも近所とかもらえそうな人もいないので家族分だけで送りました。
結構集まった家うもt大ですよね。8500人??
今回の仮設住宅からペット可になるといいですね。

2011/04/03(日)21:31| URL | エルママ #- [ 編集]

ダンスパートナーにも協力して貰って、生徒さんやお客様から10枚ほどのご署名を頂きました^^
中間報告は 3500名で止まったままなんですが、もう少し集まってるかも。

マンションが倒壊するほどの地震なら、我が家の場合は到底生き残る事自体が無理な話なんですが…着々と仮設住宅も出来つつありますから、間に合うようにせっせと署名をお願いししようと思ってます。


提出期限は、4月末消印有効です!

2011/03/29(火)23:57| URL | 大輔ママ #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: