可哀想な子猫

会社の敷地内に住み着いた半野良猫。
今は去年いたママ猫の子どものしま猫が主に姿を見せます。

私は野良猫にえさをやることは悪循環をもたらすので絶対に許せないって思っていました。
それでも会社の物置に住処を構えて、毎日毎日顔を合わせる猫に情が移ってしまいました。
最初はお友達がえさをやるのを見ていただけなのに、そのお友達が辞めた後は私がそれを引き継いでしまいました。
毎日私の来るのを待っているしま猫。

『ニャオ~』

と私の顔を見ると甘えた声で鳴きます。


そんなしま猫、この春に一匹出産してしまいました。
そしてその子がまだミルクを飲みたがる程度なのにまたおなかが大きくなって・・・・

おなかの大きなしま猫を見て、いつもえさをやっていたのに無事出産を願うという気にはなれませんでした。とても複雑で。。。。
無事生まれたら飼い猫なら良いにしても、野良猫は喜べるものではありません。
以前にも書いたように本来生ませてはいけない命なのです。
それでもしま猫にも生まれてくる子猫にもつみは無い。

悪循環を招いたのは私にも責任があるのです。


結局物置のダンボールの中で5匹も出産してしまいました。

080723_1404~0002


生まれて間もないころに見に行ったら目が開いておらず、本当に小さな猫が毛玉の様に丸まっていました。
それからしばらくしてママのしま猫が警戒したようでダンボールを変えてしまって、どこにいるのか分からなかったのですが、昨日見つけました。
多分生まれて3週間くらいになります。


080723_1401~0002

まだ警戒心は無く抱かれても平気です。
ママはお乳を飲んでいるときに覗くと怒っていましたが、触っても心配そうではあったけれど、特に興奮するでもなく見ていました。


この仔たちはどうなるのだろう??
もう少しすると警戒心が出てママと逃げ回るだろうし、結局、ママと同じ野良猫になってしまうでしょう。
研究所が移転してしまうので、もう誰もえさをやってくれないし、建物さえ壊されて出て行かなくてはいけなくなるでしょう。

娘はその話を聞いて、写真を見て、うちに一匹連れてきてといいます。
私も本当につれて帰りたい衝動に駆られたのですが、実際問題難しいです。
うちには3匹猟犬のダックスがいるし、私も子猫の面倒を見ている余裕も無いです。
猫は飼ったことがないので一時の感情で連れ帰ってというわけにもいかないです。

2人のお友達に飼える人はいない??とメールで聞いてはみたけれど、なかなか簡単に動物をもらってくれる人もいませんよね。
あまりに簡単にもらうといわれてもそれはそれで心配だし・・・

子猫ちゃんかわいそう・・

080723_1404~0001

スポンサーサイト


未分類2008/07/23(水)22:54

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: