口腔内腫瘍ダックスのその後

8月に書いた記事の続きです。内容は↓


http://elchan3.blog77.fc2.com/blog-date-201408.html#no1172

エルと同じ誕生日、同じカラーのダックスは、やはり悪性の腫瘍だったようです。(経過を見ての私の判断ですが)

私が11月10日ぐらいに見たときは、口吻が2倍の太さ、いやもっと大きかったかも、それくらい左側の内ほほの腫瘍は大きくなっていました。
ダックスの顔を下から覗くと黒くぼこぼこした塊が出ていました。
頬の外側は皮膚がじゅくじゅくになっていて、顔を下向けるとその腫瘍は地に擦るほどでした。

目をそむけたくなるほど・・

それでも食欲は腫瘍がなかったころと同じで、何でも食べているようでした。
糞尿と出血にまみれぷんぷん臭うダックスをやっとのことで抱き上げると、肋骨がごつごつして、がりがりな様子でした。
腫瘍に栄養分が使われてしまっているのですね。

せめてきれいにしてやってほしい、あたたかいところで休ませてほしいと思うのですが、飼い主には届きません。

もう、早くお迎えが来てくれたらいいのに。
こんなで生きているなんてかわいそうすぎる。

私はそう思いましたが、動物は自分があわれだとか死にたいとか思うはずもありません。
今を生きるだけです。
ダックスは元気な時と変わらず、おしっこがしたくなれば吠え、お腹が空けば吠え、とっても短いリードでつながれたまま生活を送るしかなかったのです。

結局、私がその姿を見た10日後、静かに亡くなったそうです。
前日の夕飯までしっかり食べ、翌朝・・・・


飼い主は亡くなったダックスを見てくれたでしょうか。
まだ家に来たばかりの可愛い姿を思い出してくれたでしょうか。


うちの飼い方が完全でよいとは思ってもいません。
他人のです、扱い方を押し付けることもできません。
でもね、もう犬を飼ってほしくないのです。


今まで犬が亡くなったことを知って、こんなにほっとしたことなどなかった・・・

20141207_094043-_179.jpg


エルの病院には飼い主さんが持ってきた写真が壁に貼ってあります。
エルが亡くなってしばらくして、お世話になったお礼に行ったとき持って行った写真。

エルが亡くなる2日前の倒れた日、午前中に出かけた公園での写真です。

あまりにかわいいからか(?)真ん中に貼ってもらっています。ありがとうございます・・・
(娘にはほかの子のほうがかわいいと言われています)

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


未分類2014/12/12(金)21:07

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: