保護できず・・

IMG_9348-17.jpg

IMG_9365-17.jpg

たまには寝ている写真ではないものを撮ろうと・・・・久々にイチデジを出しました。
籐のベッドから顔を出して、やっぱり見張ってる??

下の写真は私に吠えまくっているところ。
たまにこんなこともありますよ。


少し前から心配していたことがあります。
偶然にも去年なくなったエルと同じ誕生日のダックス・・・今12歳です。

口腔内に腫瘍ができている状態で飼われているのですが、診察さえ受けていません。
痛がっていないし、もう歳だからとそのままにされています。
素人ですが、状態や年齢など色々考え合わせると、悪性腫瘍ではないかと思われます。メラノーマかなぁ・・・
飼育の方法も私から言えば劣悪で、元気でいる時はまだしも、病気を患ってのこの状態はあまりにもかわいそう。

食事は与えられているというものの、糞尿にまみれ、病気の手当てもしないのは『動物虐待』に当たるのかもしれません。

娘と相談のうえ預かり(保護)しようと、飼い主に言ったのですが・・・・
手放す気は無いといわれました。

自分の飼い方を非難されたということで意地になっているのか、それともあれでも愛情があるのか?
愛情があればあんなことはできないはずですが・・・

こちらで預かっても、あの腫瘍がメラノーマなら手の施しようも無いことは分かっていますが、なんとも悲しい現状です。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活│ジャンル:ペット
かわいい3匹2014/08/17(日)23:22

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: