病理の結果・・・動脈体腫瘍

今日は先週受けた細胞診の結果がでたと連絡を受け、病院に行ってきました。
エルは車でお出かけと大喜びでしたが、着いたのがまたまた病院でがっくりしたようで、それからブルブルと震えていました。

縦隔内腫瘍の細胞・・・・

細胞での病理ですので可能性ということになります。

最も考慮する腫瘍は『動脈体腫瘍』

『胸腺腫』の可能性もあり。


ということらしいです。

組織診をすればもっとはっきりするのです。
組織診は乳がんのマンモトームのように太い針をさして、吸引しながら組織を切って採取するもののようですが、先日のシリンジとニードルでの採取でも血液が多かったことを考えると、腫瘍内の血管を傷つける危険性もあるとのこと。
大出血したら・・・


動脈体腫瘍は外科的対処は困難であり、胸腺腫は切除できる可能性もあるそうです。(一般的な話です)
私も外科的治療は考えていないし、腫瘍の大きさ、年齢、エルの性格など考え合わせて厳しいかなという感じです。
抗がん剤も少しだけ、ほんの少しだけ期待していましたが、どちらの腫瘍にしても効果ありというものはないということで提示されませんでした。

今までの検査結果を考え合わせると『動脈体腫瘍』の可能性大・・そうなればもう積極的な治療はお手上げ状態です。



結局ね・・・今のまま、万能薬のステロイドと抗生剤でつないでいくしかないみたいです。
考えられる今後の症状はいろいろありますが、そのつど対処していくしかない。

恐ろしい症状で考えるのも嫌ですが、現れた症状によっても、腫瘍がどちらだったのか明らかになるのかもしれません。


今日のお話は良いものでもないけれど、発覚して奈落の底につきおとされたあの日ほどの悲しさはないです。
こういうはなしになることはだいたい想像できていたから・・

それでもエルの顔を見るとつらいですね。





今日もエルは元気です。

エル、ありがとう・・・

DSC_0141-13.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活│ジャンル:ペット
エルの闘病 | コメント(1)2013/09/14(土)22:18

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/15(日)02:23| | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: