初七日

一週間前、ラッキーはなくなりました。
早いものです。
状態が悪くなってからはずっと窓辺のベッドにいましたから、もうベッドがないあの場所を見ると寂しいですね。

ハッピーはどう思っているのでしょうね。

PE_20160320091010.jpg


あまり仲良しでもなかった二匹です。ハッピーは一匹が好きな子なのでラッキーがいなくなっても特に気にもしていないようですね。

エルの時は亡骸に近づくのも嫌がって直視しようとしなかったのです。
やっぱり子供のエルとラッキーではハッピーも想いが違うのでしょうか。

1459074184891.jpg


ハッピーはここのところ、食欲は安定しています。
時々残すことはありますけどね。
食べるのを見ていると安心します。
健康な時は当たり前だった食べるということ・・・それがとても困難になったラッキーの姿を見ました。ハッピーもそんなときが来るのかと思うと恐怖ですね。
このままこんな穏やかな毎日が続いてほしいと願います。


にほんブログ村

スポンサーサイト


ラッキーの病気 | コメント(2)2016/03/30(水)23:26

辛かった3月も終わりです

今日はずいぶんあたたかくなるみたいですね。
予報では『今日はあたたかい』というのに、やっぱりまだまだ冷えるのですよ。まだ春本番とはいきませんね。

3月初めに手術を受けましたが、ずっかり傷のほうは癒えました。
それでもあまり体調がよくなくて相変わらず冷えもひどいのです。

早く上着がいらない過ごしやすい季節になるといいです。
3月は辛いことばかりでしたからね、、、
息子が大学を卒業しましたが、御祝いさえしていません。
ラッキーの亡くなった日と重なってしまい、それどころではなかったしね。
まだ同大学の院に進むので本人は通過点でしかないと言っていますが、何か美味しい物でも食べに行こうかなと思っています。

ラッキーにまたお花をいただきました。
よかったね~

PE_20160328193738.jpg


DSCF0006.jpg


色鉛筆でかいてもらった3匹の絵です。
ラッキー、パパらしくどっしり構えているでしょう。

にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/03/29(火)23:35

ラッキーの遺影と、『ハッピー、まだまだ長生きしてね。』

今日は獣医さんに行ってきました。
ラッキーのことを報告しお世話になったお礼に。
獣医さんにはエルが生まれたときからですから、13年くらいかかっていました。

先生に
『ラッキーは23日になくなりました・・』
というと、表情が本当に悲しげに変わりました。

エルは先生に看取ってもらったのですが、あの時も私や娘以上に涙され・・・
この先生に診てもらってよかったと思ったのですよね。
やはりラッキーもお世話になってよかったと思いました。

少しラッキーの最期のことをお話して・・・

『ラッキーが逝ってしまったことはとても悲しいけれど、私自身も限界だったのでほっとしました。
あんな状態でラッキーもかわいそうでしたし・・・』

と正直な気持ちを話しました。

先生にも

『16歳まで生きられてラッキーは幸せでしたよ。よく頑張りましたね。』

と言ってもらえて救われたような気がします。

ラッキーが亡くなった23日は、実はエルの誕生日だったのです。
生きていたら14歳だったのよね。
あの日、ラッキーのことを気にしながらも、駅前のコンビニで大急ぎでケーキとお花を買って帰宅したのですが、お供えもできずに終わってしまいました。

奇しくも誕生日と命日が同じになったという・・・
3月23日はこの先何があっても忘れられない日付になりました。

残された15歳のハッピーですが、この仔も腎不全なんですよね。
ハッピーのほうがラッキーよりも少し早い去年の6月に診断されました。
ラッキー同様、水の量が増えたことで診察を受けて判明したのですよね。

ハッピーも薬を飲んでいるのですが、比較的今のところ食欲は安定しています。
二週に一、二度あまり食べないこともありますが、長引くようなことがないので、体重も減少していません。

ハッピーもこの先ラッキーのようになるのかと思うと、気がめいりますが、現時点であまり考え込んでも仕方がないですよね。

1459074135908.jpg


桜も咲き始めました。来週辺りハッピーを連れて桜を見に出かけたいなぁと思っています。
あまり疲れさせない程度でお出かけもさせてやりたいですね。

1459074164468.jpg


ラッキーにお花をいただきました。ありがとうございます。
遺影も作りましたよ。大きなものは去年の5月公園にこいのぼりを見に行って撮った写真。
にこにこ笑っているようでかわいいんですよね。
写真がたくさんになってあちこちにエルとラッキーの写真が飾られています。





にほんブログ村

>>続きを読む


ハッピーの病気 | コメント(7)2016/03/27(日)23:51

ラッキーを送り出しました・・

今朝、一時間も寝坊をしてしまいました。
アラームを消して二度寝をしてしまったのか、アラームがバイブしなかったのか・・・
年に数回あるかないかのこと、自分でもおどろきました。



とても疲れていたのですね。
二週間以上寝ているのか寝ていないのかわからないような夜を過ごしていました。
たかが二週間と言われればその通りです。
しかしながら、3月の初めには入院手術もあったりで、普段の生活とは大きく異なっていたこともあり、そこにラッキーのことが重なり、精神的肉体的にかなりまいっていたのだと思います。

ラッキーの記事を読み返したり、いただいたコメント、メールを読ませていただく度に涙がこぼれてしまいます。
そしてラッキーの最後の何日かを思い出す度に涙がこぼれます・・・電車に乗っていても仕事中でも・・・

しかし、半面とてもほっとしたのも事実です。
ラッキーの元気なくやせ細っていく姿を見るのは辛すぎました。
食い意地が張っていてイライラしたほどのラッキーが、何を鼻先にもっていっても顔をそむけるのを見るのは悲しすぎました。
それをもう見なくて済むのです。
もうラッキーにつらい時間を過ごさせなくてもよくなったのです。

腎不全と診断されたのが去年の8月。
その頃はまだ水をがぶ飲みするくらいで、食欲がないということもほとんどなく過ごしていました。
食事に気を付け、世話するくらいでした。
徐々に食欲不振が続くようになり・・・・
当初は最期がここまでつらく悲しい毎日になるとは考えもしませんでした。

闘病をしている飼い主さんには、私なんかとは比べ物にならないほど長期間、そしてもっと手厚い看護をされている方も多いとは思いますが、私は悔いがなくラッキーを送ることができたと思っています。




昨日、私は冷たくなったラッキーを置き畳の上に寝かせて仕事に出ました。
今月は半分以上お休みをしていたので、昨日は早退で対処しました。

「ラッキー、最後まで留守番させちゃったね・・」

と謝りました。
息子も娘も大学をお休みできなかったので、二人からは

「よろしく頼みます。」

と言われました。

夕方5時半の予約。
私はラッキーを抱っこするのも最後…大事に車に乗せて行きました。

棺にはたくさんのお花を入れてきれいに飾ってあげました。食いしん坊のラッキーのために人間用のおいしいクッキーも入れてあげました。
もうチョコが入っていても食べられるものね。

40分ほどでラッキーはお骨になって私の手の中に戻ってきました。
まだ温かくてね・・・

エルの時と同じで小さな紙の箱を用意し、そこに少しだけのお骨をいただいてきました。

「これでは全部入りませんよ。」

と、びっくりしたように言われたのですが、いいのです。
お骨には執着はありませんから・・・
いただいてきたお骨もエルの時と同様に少しだけ写真の前に残し、あとはお庭の隅に埋めようと思っています。
これもいろいろ考えがあろうかと思いますが、ラッキーは我が家のわんこ・・・私は何も信心もしていませんからね、自分がやりたいようで良いと思っています。

ラッキーがいつもいた窓際のベッドは片づけました。

ラッキーの遺影はまだプリントできていません。
週末に写真屋さんでかわいい遺影を用意して、エルと同じようにキャビネットに飾ってあげるからね。

コメントいただいたのに返信できておらず申し訳ありません。
もう少しお待ちくださいね。

また、メールがおかしくて送受信できずにいます。メールやブログのメールフォームでいただいた方がおられましたら、申し訳ございませんが読めずにいます。

20140915_221458-15.jpg



にほんブログ村



ラッキーの病気 | コメント(11)2016/03/25(金)23:20

らっちゃん、ありがとう。(ラッキーが逝きました)

昨夜娘が急きょ帰宅しました。
今朝は7時前に大学に行かなくてはいけなかったのですが、ラッキーが呼んだのでしょうか。

もう力なく寝ているだけ・・・
それでも娘の帰宅がわかったでしょう。

息子はいつものように夜、点滴をしてくれました。

「焼け石に水だよね。。」

と私がつぶやくように言う横で、

「それでも獣医学的に意味はあるんだから・・・やらないよりはきっと楽なはずだよ。」

と慣れた手つきでやってくれました。
そして珍しくその写真を撮ってくれというのです。

「もしかしてこれが最後のツーショットかな」

なんて言いながら・・・

夜中は水を少し口にしてはおう吐をし、かわいそうでした。
いよいよ、今日明日かな、という感じがしていました。

今朝は3人でかわるがわるにラッキーの顔を覗き込み、抱っこをしてなでなでしてしてやりました。
くたくたのぬいぐるみのようなラッキー・・

残して出かけるのはつらかったのですが、仕方がありません。

仕事を終えると大急ぎで帰宅。
リビングのドアを開けると・・・・・・

ラッキーはベッドに横たわり頭がベッドの端から落ちてしまっていました。
敷いたトイレシートには口からは吐いたであろう液体がしみていて、うんちも出てしまっていました。

もう息が弱くなっており、目もうつろでした。
慌ててタオルでくるんで抱き上げました。

抱っこして「らっちゃん、らっちゃん…」と涙をぽろぽろ流して、声をあげました。

ラッキーは分かったかな・・

徐々に弱まる呼吸・・・・
一時間以上抱っこしていました。最後は何度か苦しそうに口を開けましたが、静かに私の腕の中で息を引き取りました。

抱っこしている間、

「もう逝っていいよ。らっちゃん、ありがとうね。」

と何度も何度も声をかけ、ほおずりしました。

ラッキーがいなくなるのはとても悲しいけれど、苦しさから解放してやりたいという方が強かったのです。

一人で逝かせるのはかわいそうと思っていましたから、何とか帰宅ができ一緒にいてやれてよかった・・・

それからお風呂場できれいに洗ってあげてふわふわに乾かし、今は畳の上で眠っています。

明日の夕方荼毘に付します。

今日は息子の大学の卒業式で、家族ラインで連絡をしたときは謝恩会でしたが、早々に帰宅してくれました。
息子が小学一年生の時、お友達がいないから犬を飼ってくれと言い、迎えた仔がラッキーです。
あれから16年以上になります。
息子が小さな子供から大学卒業まで見守ってくれた仔です。

ありがとう…らっちゃん。

家族の誰よりも家族思いのわんこでした。

_093734.jpg


にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(14)2016/03/24(木)00:04

胸が締め付けられます、、、

昨夜もうつらうつらとする時間がながく、寝たというかんじがありません。
布団からでた音がして見ると、吐き気と便意を催したようでした。
おしっこだけだとオムツでしてしまうことが増えました。
慌てて体を支えてやりました。
吐き気があっても結局はなにも出てきません。
うんちの方は、なにも食べていなくても、分泌される消化液が有るので日に数回出るようです。
支えないとうんちを踏んでしまったり、しっぽが汚れてしまいます。

また今日から、留守番させなくてはいけません。

今朝は、リビングを仕切って、ラッキーの行動範囲を制限してきました。
ダイニング部分だけにして、ほとんどをトイレシートをしきつめてきました。


どうしているのかな、、、

出掛けるとき、じっと私を見ていたラッキーの顔が頭からはなれません。

20160322114933a68.jpg

20160322114933912.jpg


にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/03/22(火)15:35

とてもつらいけれど・・とても穏やかな時間

昨夜は何度起きておしっこをさせ、水を飲ませたでしょう。
途中、おしっこだけではなくウンチをするというので、真っ暗なお庭に出たり。(ウンチは外でするというのです)

今朝もバイトに出かける前の息子と点滴をやりました。


昨日に続いて今日もつきっきりでいられます。
顔を起こして、動きがあればトイレか水。
すぐに対応してやれます。

昨夜あまり眠れなかったので、午後は二時間ほど一緒に昼寝もできました。

つらいけれど、穏やかな時間でもあります。

昨日、水を飲みにベッドから出てきたラッキーに息子が

「おいで。」

と声をかけたら、ふらふらと近づきました。
いつも胸から顎にかけてなでなでしてもらっていたからね。
それが大好きだったのよね。

抱っこしてもらって目をつぶる様子を見ると、また涙がぽろぽろ・・

PE_20160319203306.jpg


小さくなってしまいました。
6キロ越えだった体重も4キロを切りました。

PE_20160320090939.jpg


顔だけを見ているとそれほどでもないのですが、骨と皮だけです・・・



にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(6)2016/03/20(日)20:19

残酷・・・生きるのも逝くのもたやすくないのね

ラッキーは日に日に弱っていっています。
それでもまだ自分の足で立つこともできるし、水も飲むことができます。
私が退院してから、まともに食べたところを見たことがないですから、もう二週間になります。
その間、ほんのわずかな食べ物を口にしましたが、あれでは食べたというほどではありません。

息子と私で連日、皮下点滴をし、今日は朝一で病院に行きました。

点滴をしてもらい、吐き気止めを打ってもらいました。

先生に、

「もうずっと食べていないのに、まだ生かされるのですね。
最後は水も飲めなくなるんですね?」

と聞いたら、もう末期ではあるのは間違いないけれど、頭を持ち上げられているラッキーはまだ力があるのだそう。

最後は水も飲めないし、頭さえ持ち上げられなくなるって・・・

こんな姿のラッキーを見ているのは本当につらいです。
平日は長時間留守番だしね・・・



わずか4キロしかない生物なのに、簡単には逝かせてもらえないんだね。


エルの時を思い出します。
エルは心臓と同じくらいの大きな腫瘍ができ、治療法もなく過ごしましたが、亡くなる二日前までほとんど普通の生活を送れました。
急変し、二日半入院して逝ってしまいましたが、むしろこんな亡くなり方のほうが幸せだったのかもしれませんね。





にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/03/19(土)11:04

らっちゃん、ごめんね。

仕事を終え家に帰ると・・・・

今日はラッキーはベッドにいました。
横たわり、頭はベッドから落ちてしまって、下に敷いたシートの上にこすりつけるように動かし続けていました。

毛布は朝かけたままのようにきれいに整っています。

めくってみると、中に真っ黒なうんちがついていました。
おしっこで下に敷いた毛布が湿っていました。

一日中ここに横たわってもごもごと動いていたんだ・・
立ち上がることもできなかったんだね。
水も飲めなかったのね・・・

ベッドから抱き上げ、トイレシートに立たせると、

「外に出てうんちをする」

と言います。

「ここでいいよ!」

と私がいうのですが、どうしても外に出たいというのです。
仕方なく庭に立たせると、よろよろとしながらうんちをしました。

ぶるぶると身震いすればバランスを失って倒れてしまいます。

ごめんね、、、トイレにもいかれなくて気持ち悪かったね。
ついていてやれればいいけれど、仕事に行かなくてはいけないからね。
明日頑張ってくれたら、3連休。ずっと一緒にいようね。


汚れたおしりとしっぽを洗い、帰りにちょうど洗い替えのベッドを買ってきたので、今はそこに寝かせてあります。

夜中も数回水とトイレに連れていっています。
数日前から念のためおむつを装着して寝かせています。


にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/03/17(木)20:47

在宅獣医療 3(息子に皮下点滴をしてもらいました)

昨日も獣医さんに行き、吐き気止めと生食の点滴を受けてきました。
日曜日に吐き気止めを打ってもらってからは嘔吐は止まっています。

昨日は何日かぶりにほんのわずかな鶏むね肉とブロッコリー、クッキーを口にしました。
つい数週間前は日常だった、こんな普通のことが今はできないのです。
食べる様子を見てうれしくもあり、悲しくもありました。

今日は息子が久しぶりに大学を休むというので安心して仕事に出かけられました。

夕方帰り、リビングに入ると、窓際に置かれたベッドにラッキーはいませんでした。

どこどこ??

あちこち見回すのですがどこにも見当たりません。


『らっちゃん、、どこ?』


と立ち尽くしている私。

そこに、めったに入らないドーム型のベッドからふらふらとした足取りで出てきて、倒れては立ち上がり近づいてきました。

慌てて抱き上げ、ラッキーの顔を見ると、涙があふれてきました。
ぽろぽろと止まりません。

やはり昨日は少しだけ食べられましたが、今晩は水しか入らないようです。

昨日獣医さんに行って、

『私も家で点滴をやってやろうと思います。』

といい、ポイントを聞いてきました。
息子に手伝ってもらい点滴をしようとしたら、息子がさっさと上手にやってくれました。
私もやるつもりでしたが、助かりました。

これで家族3人が点滴できるようになりました。

飼っている動物の治療は、どこまでやるか、どんなことをするか、すべて飼い主が決めること。
ワンコのためを思ってやるというものの、自分が納得できるためのものとも思います。自己満ともいえるのかもしれません。
家で点滴までしてやったの・・・とこれも自己満なのかもしれませんね。
それでもやらずにはいられません。

これは二年前のお出かけの写真です。


IMG_9277-25.jpg


にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/03/16(水)20:39

えらいね。。。

昨晩はラッキーのベッドを私の布団の横に持っていき寝ました。
今まではお布団にもぐりこんで眠っていましたが、もうもぐりこむ力もなさそう・・
ベッドに湯たんぽを入れて毛布でくるんであげました。

夜中に何度も目が覚め、そのたびに胸を触って息をしているかを確認しました。

朝起きても、やはり何も口にできません。
水を飲むだけ・・

ベッドを定位置、窓際に持っていくと、すぐに水も飲めるようベッドの脇に用意して、仕事に出かけました。

仕事中も気になって気になって・・・
また吐いているのか、下痢をしているのか?
まさか冷たくなってはいないかしら?

仕事を終えると、買い物にもよらず速攻帰宅しました。

いろいろな想像をしながら、こわごわとドアを開けました。

体がきついのに、ちゃんとトイレに行ってうんちもしていました。

えらかったね!

夜ごはんを用意していると、元気な時のようにキッチンを覗きに来るのです。
もしかして何か食べられるのかと、あれやこれや皿に出してみるのですが・・・・結局何も食べられませんでした。

相変わらず水だけを飲んでいます。

ラッキー、若いころは6キロ超えでした。
シニアになっても5.5キロくらいでしたか・・・
それが今では4.1キロくらいです。
亡くなった一回り小さかったエルと同じになってしまいました。
がりがりですね。

もう・・・逝ってもいいんだよ。
とついついラッキーに話しかけてしまいます。

水だけ飲んでいつまで生きられるのでしょう。

今日はタール便だけではなく、明らかに血便が出ました。
消化管の上部だけではなく下部からも出血しているようです。


にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/03/14(月)22:45

タール便

昨日今日、また、水しかくちにしません。
しかし、水さえも吐いてしまう状態です。
そして、タール便。

夕方、病院へ連れていきました。
素人目でもいよいよとわかります。

先生もタール便の話をしたら、、、

『うーん、、、
腎不全で、タール便。厳しい状態です。』

水さえも吐いてしまうのではシリンジで栄養剤を流し込むのもやめた方がいいとのことでした。
胃が受け付けないのですから、また、吐き戻すことになるでしょう、吐くことは大変体力を消耗しますからね。

一応、生食の点滴と吐き気止めを打ってもらい帰宅しました。

あと、体温が35度台
犬は38度以上ありますからかなり低体温になっています。

もう、なにも家では手だてもありません。あたたかくして見守るだけ。。

明日から私は仕事に復帰です。
後ろ髪を引かれる思いです。

201603132025107b1.jpg



にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/03/13(日)20:27

病理の結果

またまた病気関連の話題です。
私自身の覚書、そして私が検索をしていろいろな方のブログを見させていただいたように、もしかしたらどなたかの参考になるかもしれないと書いています。
あまり興味がないとはおもいますが、その際はスルーしてくださいね。

今日は退院後初の診察でした。

まずは血液検査。
そして、結果が出たところで診察です。

途中で腫瘍マーカーCA19-9の追加などがあり、結局今日も4時間待ちでした。( ;∀;)

名前を呼ばれてドキドキで椅子に座ると・・・・

『血液検査の結果は特に異常値はなかったですよ。

あ・・・腫瘍マーカーは前回よりも若干下がったものの高めには変わりないですねぇ。

病理の結果は・・・・

大きさが10~15mmと大きめで少し悪いものも心配したけれど、当初の予想通り腺筋腫症。

良性腫瘍でしたよ。』

とのこと。
とりあえずホッとしました。

悪性細胞が見つかった場合は、腫瘍が接していた肝臓を部分的に切除するといわれていましたからね。

それでも腫瘍マーカーが基準値~37のところ、相変わらず86とかね。(;´∀`)

上がり続けているわけではなく、今回ちょっと下がったので体質的なものなのかもしれませんが、やはりすっきりしないことを話し、3カ月後に経過を見るために検査をしようということになりました。
CTをといわれましたが、10月に受けた造影CTで造影剤が合わず恐ろしい目にあったので、エコーと血液検査にしてもらいました。

あとはね・・傷のほうはずいぶん痛みも少なくなりましたよ。
触らず、走ったりしなかったらあまり痛みはないです。体勢や腹筋を使うようなことで痛むこともありますが・・

ほかには食欲がいまいちなのと、食べた後胃腸の動きが尋常ではなくぐるぐるしてしまうこと。
汚い話ですが、便通が胆のう摘出前とはガラッと変わってしまいました。
若いころから便秘がち、薬を使うことも結構あったのですが、術後は毎日下痢または軟便になってしまいました。

胆汁は肝臓で作られるので、今もないわけではないのですが、摘出により蓄えられることができなくなり、バランスがまだとれていないのでしょうかね。

先生に話したら

『たぶん徐々に慣れてくると思います。

毎日出たほうがかえっていいじゃない。』

って。確かに私もそう思いますけどね、ものには限度ってのがありますからね~

そういうこともあり食べることには慎重になってしまいますね。

焦らず様子見していきます。

PE_20160310194445.jpg


こちらは現在比較的体調の良いハッピーです。



にほんブログ村

テーマ:医療・病気・治療│ジャンル:心と身体
健康 | コメント(4)2016/03/12(土)17:54

在宅獣医療 2 (娘に皮下点滴をしてもらいました)

ラッキーは小康状態です。
昨日の晩、私が作ったマフィンと鶏肉の水煮をわずかに口にしました。
お水は相変わらず飲んでいます。

しかし、今日の昼頃たぶん昨日口にしたであろう鶏肉を戻しました。
全く消化がされていないのですね。

それでも今日は昨日よりもベッドから出てくることが多かったような気がします。

時間がない中、娘が先ほど帰ってきました。
さっそく生食の点滴をしてもらいましたよ。

実際、娘も大学の実習以外では初のことですが、難なくやってくれました。
皮下点滴は簡単ですものね。
獣医の卵も5年目ですから当然ですよね。


元気もないので嫌がることもほとんどなく、おとなしく点滴させていました。
息子に少々手伝ってもらって終了。

PE_20160310215223.jpg


ラッキーも、少しは楽になるかな・・


PE_20160310215328.jpg



にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/03/10(木)23:20

いよいよ・・

ラッキー、私が退院してからの数日間ほとんど食べ物を口にしません。
水を飲むだけです。

もうミルクもチーズもにおいをかぐだけで食べられなくなりました。
この間食べられたのはわずか一口の和牛生肉、とりの挽肉の水煮。

いよいよお別れの時が近づいてきているのだと思います。

いつもの獣医さんが今週いっぱいお休みです。
行ったこともない病院に駆け込んで点滴だけをしてもらおうか・・・とも思ったり。
吐き気があってもシリンジで無理にでも何か口に押し込んだほうがいいのか。


しかしもう自然のままにしてあげたほうがいいのかと決心もつかず過ごしています。
吐き気があるのに無理やり食べさせることも私はできそうもありません。


幸いなことに今週はずっとラッキーについていてやれます。

来週からは仕事に出なくてはいけない・・・
逝くのなら見守ってやれる今だよ・・・なんてことまで考えてしまう私がいます。


1457499590803.jpg



にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(10)2016/03/09(水)14:16

手術しました・・・・私の入退院

PE_20160305205242.jpg

先週の月曜日2月29日に入院、翌3月1日に手術を受けました。
腹腔鏡下胆のう摘出手術です。

腹腔鏡手術は開腹に比べ楽だと聞いていたのですが、なかなか思った以上でした。
というのか、私が痛みを必要以上に我慢したということもありますか・・
もっと薬をつかってもらい痛み止めをすればよかったようですが、まぁ、今更ですね。(´・ω・`)

手術前日、家族同席での説明を受け、同意書にサイン。
家族全員が参加でした。

当日の待ちも全員参加。(*'ω'*)

手術はすべて終えて出てくるまで、2時間を要しました。
実質は一時間ぐらいなんでしょうね。

術後すぐから痛みと吐き気でほとんど眠れない二日間を過ごしました。
気腹の影響で肺も圧迫されたような感じがあり、苦しくて上向きに眠れず、48時間は横向きで耐えました。

本当に48時間ぐらいまでは痛くて苦しくて、吐き気も出るので、こんなで4~5日の入院期間ってあるのだろうか?
と思っていましたが、人間の体ってすごいですね。
48時間を過ぎたあたりから徐々に楽になっていくのです。

結局熱も出たり、食欲も全くわかなかったりで、6日目の退院となりましたが、無事帰ってきました。

その間、ワンコの世話は子供たちがやってくれました。
あまりいい状態ではなかったようです。

私が帰宅してからもラッキーの食欲は全くなくて、心配しています。
獣医んさん・・・今週はタイミングが悪くお休みなんですよね。

何とか食べられそうなものを与えて頑張ってもらいます。

私自身はかなり回復しています。
それでも今週はゆっくりしようかなと思っています。
病理検査の結果もまだですし、退院後の診察を受けてからの復帰でもいいかなと思っています。


にほんブログ村


健康 | コメント(2)2016/03/07(月)11:23

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: