病理の結果

またまた病気関連の話題です。
私自身の覚書、そして私が検索をしていろいろな方のブログを見させていただいたように、もしかしたらどなたかの参考になるかもしれないと書いています。
あまり興味がないとはおもいますが、その際はスルーしてくださいね。

今日は退院後初の診察でした。

まずは血液検査。
そして、結果が出たところで診察です。

途中で腫瘍マーカーCA19-9の追加などがあり、結局今日も4時間待ちでした。( ;∀;)

名前を呼ばれてドキドキで椅子に座ると・・・・

『血液検査の結果は特に異常値はなかったですよ。

あ・・・腫瘍マーカーは前回よりも若干下がったものの高めには変わりないですねぇ。

病理の結果は・・・・

大きさが10~15mmと大きめで少し悪いものも心配したけれど、当初の予想通り腺筋腫症。

良性腫瘍でしたよ。』

とのこと。
とりあえずホッとしました。

悪性細胞が見つかった場合は、腫瘍が接していた肝臓を部分的に切除するといわれていましたからね。

それでも腫瘍マーカーが基準値~37のところ、相変わらず86とかね。(;´∀`)

上がり続けているわけではなく、今回ちょっと下がったので体質的なものなのかもしれませんが、やはりすっきりしないことを話し、3カ月後に経過を見るために検査をしようということになりました。
CTをといわれましたが、10月に受けた造影CTで造影剤が合わず恐ろしい目にあったので、エコーと血液検査にしてもらいました。

あとはね・・傷のほうはずいぶん痛みも少なくなりましたよ。
触らず、走ったりしなかったらあまり痛みはないです。体勢や腹筋を使うようなことで痛むこともありますが・・

ほかには食欲がいまいちなのと、食べた後胃腸の動きが尋常ではなくぐるぐるしてしまうこと。
汚い話ですが、便通が胆のう摘出前とはガラッと変わってしまいました。
若いころから便秘がち、薬を使うことも結構あったのですが、術後は毎日下痢または軟便になってしまいました。

胆汁は肝臓で作られるので、今もないわけではないのですが、摘出により蓄えられることができなくなり、バランスがまだとれていないのでしょうかね。

先生に話したら

『たぶん徐々に慣れてくると思います。

毎日出たほうがかえっていいじゃない。』

って。確かに私もそう思いますけどね、ものには限度ってのがありますからね~

そういうこともあり食べることには慎重になってしまいますね。

焦らず様子見していきます。

PE_20160310194445.jpg


こちらは現在比較的体調の良いハッピーです。



にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療│ジャンル:心と身体
健康 | コメント(4)2016/03/12(土)17:54

手術しました・・・・私の入退院

PE_20160305205242.jpg

先週の月曜日2月29日に入院、翌3月1日に手術を受けました。
腹腔鏡下胆のう摘出手術です。

腹腔鏡手術は開腹に比べ楽だと聞いていたのですが、なかなか思った以上でした。
というのか、私が痛みを必要以上に我慢したということもありますか・・
もっと薬をつかってもらい痛み止めをすればよかったようですが、まぁ、今更ですね。(´・ω・`)

手術前日、家族同席での説明を受け、同意書にサイン。
家族全員が参加でした。

当日の待ちも全員参加。(*'ω'*)

手術はすべて終えて出てくるまで、2時間を要しました。
実質は一時間ぐらいなんでしょうね。

術後すぐから痛みと吐き気でほとんど眠れない二日間を過ごしました。
気腹の影響で肺も圧迫されたような感じがあり、苦しくて上向きに眠れず、48時間は横向きで耐えました。

本当に48時間ぐらいまでは痛くて苦しくて、吐き気も出るので、こんなで4~5日の入院期間ってあるのだろうか?
と思っていましたが、人間の体ってすごいですね。
48時間を過ぎたあたりから徐々に楽になっていくのです。

結局熱も出たり、食欲も全くわかなかったりで、6日目の退院となりましたが、無事帰ってきました。

その間、ワンコの世話は子供たちがやってくれました。
あまりいい状態ではなかったようです。

私が帰宅してからもラッキーの食欲は全くなくて、心配しています。
獣医んさん・・・今週はタイミングが悪くお休みなんですよね。

何とか食べられそうなものを与えて頑張ってもらいます。

私自身はかなり回復しています。
それでも今週はゆっくりしようかなと思っています。
病理検査の結果もまだですし、退院後の診察を受けてからの復帰でもいいかなと思っています。


にほんブログ村


健康 | コメント(2)2016/03/07(月)11:23

二匹はのんびりした毎日ですが・・・

ご無沙汰しています。

かなりあいてしまいました。
二匹は相変わらずの日々を送っていますよ。
このところ、私自身の体調がいまいち、そのうえ、健康診断で指摘事項があり精密検査を受けたり・・・・なんだか精神的肉体的に
疲れた毎日で・・

二匹は食欲はそれほど変わっていない気がします。
野菜とお肉の水煮が中心でしたが、あまり進まないこともあり、時々チャーハンのように同じ材料を炒めてやったり。
療法食に肉のゆで汁をかけてやることもあるのですが、そちらのほうがおいしそうに食べることもあるんですよね。

何にしろ食べてくれないとこまるので、ローテーションでやっています。

二匹とも臭くて黄色い鼻が出て、抗生剤を飲ませたのですが、少し良くなったものの完全にはよくなりませんね。
歯からきているのか、副鼻腔炎なのか・・・・あまり抗生剤を飲ませ続けるのもよくないしと様子を見ています。


PE_20151003204330.jpg


相変わらずの食い意地が張ったラッキーはプリンのカップがはまってしまい、大笑いです。

私がこんななので、二匹を連れて外出する機会がなく、二匹は寝てばかりです。

PE_20150920171646.jpg

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


健康 | コメント(6)2015/10/12(月)14:25

女性外来

先週今週と土曜日は女性外来です。

もう何年もプラセンタ注射を週一くらいで打ってもらっています。
もともとは健康維持のため、二年くらい前から抜け毛や肩こりが出てきて、それにも効果がありということでずっと通っています。

二年ちょっと前に生理周期の問題も出てきて、更年期障害と診断されれば、そのプラセンタ注射も保険がきくということで血中ホルモン量を測定してもらったのですが…

その時はホルモン量はバランスよく十分量であったため、保険適用外になりました。

それから二年・・・

相変わらずで生理周期は問題ありますが、ほかには特に大きな症状もなく今に至っています。

しかしそろそろ測定してみましょうということで・・・

結果

エストラジオールが以前の3分の1ほどに減少、FSHが増加ということで、明らかにバランスの崩れが出ていました。

「ホットフラッシュなどありますか?」

と聞かれましたが、それはまだ感じません。
あえて言うなら、イライラすることが多いかな~。
これは更年期以外に原因がありそうですけどね~。

ほとんど症状もない人もあるようですし、あまり考えて構えるとかえってよくないでしょうね。

先日、同世代のお友達3人で話をしたら、白髪や肩こり、イライラと更年期の話で盛り上がり・・(*´Д`)

唯一いいことはこれでプラセンタ注射が週に二回、1本ずつ保険がきくようになったことです。




更年期のいやな症状もいろいろ薬があるようなので、あまりにつらい方は病院に行かれることをお勧めしますよ~


健康 | コメント(0)2015/04/18(土)15:38

ママもエルと一緒だよ

冬場はどうしてもテンションが上がりません。
寒いからお出かけもする気が起きないし、お庭でお花の世話もないし、、、、
そのうえここのところ体の調子も良くなくてね。

11月末、腰から下の痛みがまし、MRIを撮ってもらったら
椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症だと診断されまし
一年半ぐらい前から時々痛みがあったのですが、まさかそういうこととは思わず、ラン(2年半ぐらい走っていたのです)で筋でも痛めているのかな??ぐらいに思っていました。

今は薬で痛みが和らぐようにしています。
今のところ手術するほどのものではないので、しばらく薬で様子を見るしかないようです。

椎間板ヘルニアって聞いた時、やっぱりエルを思いましたよ。

エルは3歳前にヘルニアになりました。
エッちゃんも何度も足がマヒしちゃったよね。
エルとママ、一緒だね…って病気は嬉しくないのになぜか一緒の病名が嬉しく思えたのでした。


20090102 014


にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村



健康 | コメント(4)2015/01/24(土)22:38

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: