スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ラッキーのお骨

亡くなって半年たったラッキーのお骨を花壇の一角に埋めました。
火葬の時ほんの少ししか持ち帰りませんでしたが、そのいくつかをかわいい陶器の容器に残し、あとはお庭に埋めることにしていました。

ペットの共同墓地や霊園もありますが、私はそういうものを考えたことがなく好きなようにしています。

3年前に亡くなったエルも同じところに眠っています。

犬の形の煉瓦がお墓代わりですよ。

PE_20160918173539.jpg



エルはラッキーのことが嫌いだったので一緒のところに埋めるなよ~って今頃怒っているかも??(;^ω^)

夏場はミントがやたらと茂っていて、煉瓦も見えなくなっていましたが、すっきりさせて花の苗を周りに植えました。


にほんブログ村

スポンサーサイト


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/09/18(日)18:03

初七日

一週間前、ラッキーはなくなりました。
早いものです。
状態が悪くなってからはずっと窓辺のベッドにいましたから、もうベッドがないあの場所を見ると寂しいですね。

ハッピーはどう思っているのでしょうね。

PE_20160320091010.jpg


あまり仲良しでもなかった二匹です。ハッピーは一匹が好きな子なのでラッキーがいなくなっても特に気にもしていないようですね。

エルの時は亡骸に近づくのも嫌がって直視しようとしなかったのです。
やっぱり子供のエルとラッキーではハッピーも想いが違うのでしょうか。

1459074184891.jpg


ハッピーはここのところ、食欲は安定しています。
時々残すことはありますけどね。
食べるのを見ていると安心します。
健康な時は当たり前だった食べるということ・・・それがとても困難になったラッキーの姿を見ました。ハッピーもそんなときが来るのかと思うと恐怖ですね。
このままこんな穏やかな毎日が続いてほしいと願います。


にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(2)2016/03/30(水)23:26

辛かった3月も終わりです

今日はずいぶんあたたかくなるみたいですね。
予報では『今日はあたたかい』というのに、やっぱりまだまだ冷えるのですよ。まだ春本番とはいきませんね。

3月初めに手術を受けましたが、ずっかり傷のほうは癒えました。
それでもあまり体調がよくなくて相変わらず冷えもひどいのです。

早く上着がいらない過ごしやすい季節になるといいです。
3月は辛いことばかりでしたからね、、、
息子が大学を卒業しましたが、御祝いさえしていません。
ラッキーの亡くなった日と重なってしまい、それどころではなかったしね。
まだ同大学の院に進むので本人は通過点でしかないと言っていますが、何か美味しい物でも食べに行こうかなと思っています。

ラッキーにまたお花をいただきました。
よかったね~

PE_20160328193738.jpg


DSCF0006.jpg


色鉛筆でかいてもらった3匹の絵です。
ラッキー、パパらしくどっしり構えているでしょう。

にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(4)2016/03/29(火)23:35

ラッキーを送り出しました・・

今朝、一時間も寝坊をしてしまいました。
アラームを消して二度寝をしてしまったのか、アラームがバイブしなかったのか・・・
年に数回あるかないかのこと、自分でもおどろきました。



とても疲れていたのですね。
二週間以上寝ているのか寝ていないのかわからないような夜を過ごしていました。
たかが二週間と言われればその通りです。
しかしながら、3月の初めには入院手術もあったりで、普段の生活とは大きく異なっていたこともあり、そこにラッキーのことが重なり、精神的肉体的にかなりまいっていたのだと思います。

ラッキーの記事を読み返したり、いただいたコメント、メールを読ませていただく度に涙がこぼれてしまいます。
そしてラッキーの最後の何日かを思い出す度に涙がこぼれます・・・電車に乗っていても仕事中でも・・・

しかし、半面とてもほっとしたのも事実です。
ラッキーの元気なくやせ細っていく姿を見るのは辛すぎました。
食い意地が張っていてイライラしたほどのラッキーが、何を鼻先にもっていっても顔をそむけるのを見るのは悲しすぎました。
それをもう見なくて済むのです。
もうラッキーにつらい時間を過ごさせなくてもよくなったのです。

腎不全と診断されたのが去年の8月。
その頃はまだ水をがぶ飲みするくらいで、食欲がないということもほとんどなく過ごしていました。
食事に気を付け、世話するくらいでした。
徐々に食欲不振が続くようになり・・・・
当初は最期がここまでつらく悲しい毎日になるとは考えもしませんでした。

闘病をしている飼い主さんには、私なんかとは比べ物にならないほど長期間、そしてもっと手厚い看護をされている方も多いとは思いますが、私は悔いがなくラッキーを送ることができたと思っています。




昨日、私は冷たくなったラッキーを置き畳の上に寝かせて仕事に出ました。
今月は半分以上お休みをしていたので、昨日は早退で対処しました。

「ラッキー、最後まで留守番させちゃったね・・」

と謝りました。
息子も娘も大学をお休みできなかったので、二人からは

「よろしく頼みます。」

と言われました。

夕方5時半の予約。
私はラッキーを抱っこするのも最後…大事に車に乗せて行きました。

棺にはたくさんのお花を入れてきれいに飾ってあげました。食いしん坊のラッキーのために人間用のおいしいクッキーも入れてあげました。
もうチョコが入っていても食べられるものね。

40分ほどでラッキーはお骨になって私の手の中に戻ってきました。
まだ温かくてね・・・

エルの時と同じで小さな紙の箱を用意し、そこに少しだけのお骨をいただいてきました。

「これでは全部入りませんよ。」

と、びっくりしたように言われたのですが、いいのです。
お骨には執着はありませんから・・・
いただいてきたお骨もエルの時と同様に少しだけ写真の前に残し、あとはお庭の隅に埋めようと思っています。
これもいろいろ考えがあろうかと思いますが、ラッキーは我が家のわんこ・・・私は何も信心もしていませんからね、自分がやりたいようで良いと思っています。

ラッキーがいつもいた窓際のベッドは片づけました。

ラッキーの遺影はまだプリントできていません。
週末に写真屋さんでかわいい遺影を用意して、エルと同じようにキャビネットに飾ってあげるからね。

コメントいただいたのに返信できておらず申し訳ありません。
もう少しお待ちくださいね。

また、メールがおかしくて送受信できずにいます。メールやブログのメールフォームでいただいた方がおられましたら、申し訳ございませんが読めずにいます。

20140915_221458-15.jpg



にほんブログ村



ラッキーの病気 | コメント(11)2016/03/25(金)23:20

らっちゃん、ありがとう。(ラッキーが逝きました)

昨夜娘が急きょ帰宅しました。
今朝は7時前に大学に行かなくてはいけなかったのですが、ラッキーが呼んだのでしょうか。

もう力なく寝ているだけ・・・
それでも娘の帰宅がわかったでしょう。

息子はいつものように夜、点滴をしてくれました。

「焼け石に水だよね。。」

と私がつぶやくように言う横で、

「それでも獣医学的に意味はあるんだから・・・やらないよりはきっと楽なはずだよ。」

と慣れた手つきでやってくれました。
そして珍しくその写真を撮ってくれというのです。

「もしかしてこれが最後のツーショットかな」

なんて言いながら・・・

夜中は水を少し口にしてはおう吐をし、かわいそうでした。
いよいよ、今日明日かな、という感じがしていました。

今朝は3人でかわるがわるにラッキーの顔を覗き込み、抱っこをしてなでなでしてしてやりました。
くたくたのぬいぐるみのようなラッキー・・

残して出かけるのはつらかったのですが、仕方がありません。

仕事を終えると大急ぎで帰宅。
リビングのドアを開けると・・・・・・

ラッキーはベッドに横たわり頭がベッドの端から落ちてしまっていました。
敷いたトイレシートには口からは吐いたであろう液体がしみていて、うんちも出てしまっていました。

もう息が弱くなっており、目もうつろでした。
慌ててタオルでくるんで抱き上げました。

抱っこして「らっちゃん、らっちゃん…」と涙をぽろぽろ流して、声をあげました。

ラッキーは分かったかな・・

徐々に弱まる呼吸・・・・
一時間以上抱っこしていました。最後は何度か苦しそうに口を開けましたが、静かに私の腕の中で息を引き取りました。

抱っこしている間、

「もう逝っていいよ。らっちゃん、ありがとうね。」

と何度も何度も声をかけ、ほおずりしました。

ラッキーがいなくなるのはとても悲しいけれど、苦しさから解放してやりたいという方が強かったのです。

一人で逝かせるのはかわいそうと思っていましたから、何とか帰宅ができ一緒にいてやれてよかった・・・

それからお風呂場できれいに洗ってあげてふわふわに乾かし、今は畳の上で眠っています。

明日の夕方荼毘に付します。

今日は息子の大学の卒業式で、家族ラインで連絡をしたときは謝恩会でしたが、早々に帰宅してくれました。
息子が小学一年生の時、お友達がいないから犬を飼ってくれと言い、迎えた仔がラッキーです。
あれから16年以上になります。
息子が小さな子供から大学卒業まで見守ってくれた仔です。

ありがとう…らっちゃん。

家族の誰よりも家族思いのわんこでした。

_093734.jpg


にほんブログ村


ラッキーの病気 | コメント(14)2016/03/24(木)00:04

«  | HOME |  »


プロフィール

えるママ

Author:えるママ
この写真はかわいいエル。最愛のエルは2013年11月になくなりました。
現在はパパ、ママ犬が腎不全闘病中です。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ村

月別アーカイブ

お友達

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。